忍者ブログ
Admin*Write*Comment
イヌトキ
[341]  [340]  [339]  [338]  [337]  [335]  [334
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ご無沙汰しております。慶晴です。


何よりもまず

全力でお詫びさせて下さい。
一か月以上更新を滞らせてしまい、またお返事もお返しできず、誠に、
誠に申し訳ありませんでした。

たくさんの方々にご心配をおかけしてしまった事が大変心苦しく、申し訳ない気持ちでいっぱいです。

本当に、本当にすみませんでした。
一言、「休止します」と言えばまだ(まだ、まだ、ですが)よかったのですが、
この大馬鹿野郎と自身をこの2階の部屋から地下ウン千㍍の地の底にめり込ませてやりたい気持ちです。


複数心身が不調になる原因が重なっておりました。

一つは、先日(1ヶ月以上前の…)追悼を捧げた、マダラの原作での「死」でした。

「ありがとう、おやすみ」と書いてはおりましたが、すっと消化できたわけではなかったようで、あの形での彼の現実の「死」を、どのように受け止めていいのか、分らなかったのだと思います。
延々とお腹の中でぐるぐるとマダラのあの穏やかな顔がまわったり、じわじわと肺を圧迫してきたりというような、そんな感覚でした。

未だ整理がついていない部分もありますが、1ヶ月たち、大変大まかな結論としては、マダラの死は決して決定づけられたものではない、と受け止めています。(!?)
彼のあの形の『死』を『生き様』を、二次創作としてどのような意味を、過去そして未来を見出していくかは、これからの私達(創設期及びマダラを愛する人達)に任されたのだと…

そのように思うと、足を止めている暇はないなと、今は思います。
本当にすみません。


また、原因の2つ目は、病気の治療によるものです。
たくさんの方にご心配頂いてしまいました「身体にメスを…」発言でしたが、
幸いにも病状はそれほど進行しておらず、とりあえず手術は見送る事になりました。
ご心配頂き本当にすみませんでした。全てのお心づかいに心より感謝いたします。

現在、8月末からの検査を繰り返しながら、9月の半ばより本格的な薬物治療を開始しています。
薬の副作用が多少あり、その為、身体と共に心も重く沈みがちになっておりました。


大変長らく更新を滞らせ、お待たせしご迷惑をおかけしてしまったこと、本当に、申し訳ございませんでした。

理由も明かさないのも失礼だろうと思い一通りお伝えしましたが、
本当の理由は、【私の怠慢】であり、【心の弱さ】ひとえにそれだけです。本当に情けないです。


表現する喜び、それを見て喜んで頂いた時の、慶び、魂が昇華されるような瞬間…大げさな表現にはなり恐縮ですが、「生まれてきた意味」を見出す程にその慶びは私にとり大きいものです。

それを与えてくれたマダラと、そのマダラをきっかけにして繋がった多くの人達との…絆。
それらを大切にしないで、何の生かと。人生は自分を自分足らしめてくれる全ての物に感謝を伝え続け少しでも恩返しをするためにあるのだと、思っています。

正直いつ死ぬか、明日車に弾かれない保証も地震で死なない保証もどこにもありません。病気がスピーディーに進行して死ぬというのも現実的に有りえます。
沈んでる暇なんてどこにもない筈なんです。時間は思っていたよりもずっと限られてる。

それに気づき行動しようと思えるまで、底まで沈んでプカと浮かんでくるまでに、この1ヶ月半の時間をかけてしまいました。
今からすれば必要な時間でしたが、浮かんでくるのはもう少し早くても良かったと、心から惜しく思います。
身近な人の一言が心を和らげてくれ、本が一歩背を押してくれ、時間が勇気をくれたように思います。


意味不明な事ばかりを言ってすみません、久しぶりでブログの書き方を完全に忘れてしまったようです(バカめ…バカメェ…!)


今お伝えしたいことは3つだけです。ダラダラすみません。


ご心配を、ご迷惑をおかけしてしまい本当に本当にすみませんでした。

これまで見て下さって、応援して下さって、生きがいを与えて下さって本当にありがとうございました。

もしよろしければ、これからも創設期を愛で走る旅を<イヌトキ>と共にご一緒して下さいましたら、この上なく幸いです!


いつも本当にありがとうございます。心からお一人お一人に感謝を申し上げたいです。

***




さて、長々と私のイミフトークもさすがに飽き飽きかと思います。
私もナニを言っているか分らなくなってきていました。すみませんでした。

今回、長期間更新を滞らせたお詫びを如何にすべきか、
どうすれば私の不遜な行動で傷つけられた方々の心を慰める事ができるかを考えた結果、やはり柱マダ漫画を描くことしかないだろう、と、思いました。

しかし普通に描くだけでは何と言っても至って普通ですし(…)、お詫びになるまいと思います。
そこで今回は1日1頁の更新をすることといたしました。
何卒憤怒の矛を収めて頂けましたら幸いです。orzorz



タイトルは「秋晴」です。


◆◆ご注意下さい◆◆
うっかり当然のようにご夫婦な柱間とマダラの秋の夫婦のヒトコマです。
柱間とマダラが夫婦とか有りえねェと思われる方、また、二人の間に子供が生まれてるとかも有りえねェと思われる方は、ご遠慮頂いた方が安全かと思います。
うっかりポロリとR18的描写があるかもしれません。苦手な方は恐れ入りますがあらかじめご遠慮願います。

「柱間とマダラって夫婦で子供いても何ら不思議じゃない」、
「むしろアニメで並んで歩く二人の間に子供がいない事の方が余程不思議DA」、
「え?子づくり?二人の日課の事ですか?」
と思われるデンジャラスな同志さまは、どうぞお進みください。











(突発的にはじまるよ!)















 

これはきずつく


この下に連載します(つづきはコチラ
次回、頁を改めます。





プレゼントくれくれオーラ全開な夫・柱間と
心底ウザそうな嫁マダラン。
これでも新婚1年半(笑)。家事に育児に忙しいので眉間はよりっぱなし!

柱間が想像しているいかがわし~い贈物は、どのようなものを想像されましたか?
よろしければ教えて下さい(笑)

私はリボンとか、二股キノコとか、……。可愛らしい程度のものですよ、ね?^^

…あっ

言い忘れていましたが、柱間さん、お誕生日超おめでとうございますッ!!!!!!!(しかしこの適当感よ…!)

愛はかなりあるんですが、大事にしてやろう、という気がなぜか起こらない柱間ァ…の人徳(笑)

***

大変遅くなっておりました
頂いたお言葉への返信をさせて頂きます。
この度更新が滞っている間、たくさんの勿体ないお言葉を頂戴し励ましを頂きました。
本当に本当にありがとうございました。

心をこめて返信をさせて頂きます。



最後に2点、お知らせがあります。

①既刊完売につき、通販を一時停止させて頂きます。
それに伴いOFFLINEのご案内頁を非公開とさせて頂いております。
ご希望の方には大変ご迷惑をおかけいたします。
尚再版を次回新刊に合わせてさせて頂く予定をしています。あわせてご了承願います。

②リレー漫画を更新しました。
お待たせしました。(本当に…)遅くなり申し訳ございませんでした。



ではでは、ここまでお読みくださりありがとうございました!
また、明日お会いできますように。





拍手[35回]









>白まんじゅう様
お久しぶりです、ご無沙汰しております白まんじゅう様。
真心こもった真剣なお言葉に、私もしっかり御返事しなければならないと思いました。

黒まんじゅう様の拍手コメントの件では、こちらこそ、本当に申し訳ありませんでした。謝らなければならないのは私の方です。

黒まんじゅう様のコメントが荒しと思ったことは、一度もありません。
色々な想像をひろげて色々な世界と結びつけてモワモワと夢膨らますことは、私も多々あり、その楽しさは本当に大きいものです。(私はよくブリー●の世界とNARUTOの世界を繋げて想像します)
私もきっと、黒まんじゅう様のおっしゃる世界をちゃんと見れば、同じように楽しめたと思うのです。
ただ、NARUTO以外の世界について情報を集める余裕が、その時はなく、黒まんじゅう様の温かいコメントに誠実にお答えすることができませんでした。
お二人の御心を傷つけてしまった私の不用意な、一種なげやりな()言葉づかいと態度が悪かったのです。今その返信させて頂いた言葉を見るにつけ、なぜこのようにしか御答えできなかったのかと、反省しかできません。
本当にすみませんでした。そして長い間、返信できずごめんなさい。

いつもお声掛け下さる御姉妹に、どれほど励ましを頂いていたかわかりません。
応援して下さったこと、本当に嬉しいです。
追伸でおっしゃって下さっていた、生まれた子どもを抱くことを拒否するマダラン、すごくすごく分ります。
マダラは赤子に対して、最初イズナを見出すんじゃないかなと個人的に思っていて、イズナを死に追いやった自分が触れれば、自らの穢れと罪がイズナと同じように我が子も死に至らしめるのではないか…とか思ってしまうんじゃないか…とかですね。
本当に素敵なコメントをありがとうございました。

不甲斐ない、どうしようもない管理人の管理する拙サイトですが、もしよろしければ、お時間の許す時に見てやってください。
そして、またお声をかけてやって下さったら、とてもとても嬉しいです。
いつまでもお待ちしています!!!

本当にすみませんでした。ありがとうございました。





>Egoist様
Egoist様、こんにちは!
ご無沙汰しておりまして、本当に申し訳ございません;
返信不要とのお気遣いでしたが、すみません、一言お礼を申し上げたくて…!

「許す」の光の中見つめ合う柱マダの絵に勿体ないお褒めの言葉本当にありがとうございました。
私の中で、自分なりの柱マダの在り方、のような、関係性というか(何だ)そういうものを単純な絵ですが詰め込んだつもりの絵だったので、ずっと応援して下さるEgoist様に好意的に見て頂けて、本当に嬉しかったです。

「柱マダよ永遠なれ」は私も叫びたくなります。けっこう頻繁に(笑)
本当にありがとうございました!!






>ゆうあん様
ゆうあん様、こんにちは。大変ご無沙汰しております…
度々楽しくお優しいお言葉を拝見して、お返しをせねばと思いつつ……
ただただすみませんでした。

お言葉を頂いた時には残暑秋ともにハロウィン近し…だったのですが、今は残ハロウィン冬近しとなって参りましたね(もう、もう死ねばいい私)

子供用にハロウィンの服をせっせと作って楽しみに一人ほくそ笑んでいるマダラ、カワイイですね。戦と床以外は不器用そうなので(笑)お裁縫はできない…かと思いきや、ちゃんと練習したらものすごく上手くなりそうです。
誤って手に針を刺してしまって血が出たところに、横で見ていた柱間さんがぱくっと指を咥えてそうですね。その次は当然の如く奥さんの唇を咥えにいっていたらいいと思います^^////

パーフェクト小姑ヒカクとストーキングキング扉間の戦争はそれはもう大戦争でしょうね(笑)
お互い理論的な切れ者ですから、なかなかハイレベルな頭脳戦が繰り広げられそうです。
楽しいコメントいつも本当にありがとうございます!!

また、マダランの死に際しては、本当にゆうあん様のおっしゃる通りのことを私も思いました。
マダランは本当に、ある意味で誰よりも優しい忍だったんですよね。優しすぎた。割り切って人々と世界の中で生きて行くことを良しとしなかった。誰よりも優しい世界を、本気で作ろうとしてた…と思います。それが半分意地であっても。
そんな素敵な、誰よりも優しいマダランが、天国で大切な人に会えない訳がないですよ!
きっと、柱間と一緒に、愛する人たちと再会できていることでしょう。。
ぐすっ><。。
ありがとうございました!





>つゆ様
こんにちはです、つゆ様。ご無沙汰しております…!
マダランが吐き出された時には本当にびっくりしましたね、、、
そしてまさかあんなに早く…ウゥゥッ;ω;
しかし、良く考えれば、マダランはもともとお亡くなりになっていた所に再び外道の法(誰かさんが編み出した穢土転生とかいう術)により転生してこの世にあったので、あるべきところに戻った…やっと次の道に歩み出せるところにきたと、言うべきなのかもしれませんね。

それはそうと!キングダムブームッ!なんとも素敵なご一家ですねコココw^^w
●騎将軍はあの…何とも大きな、聡明な人ですよね…あんな見てくれであんなにかっこいいのですから、その内面のかっこよさたるや、もう半端ではありませんよね!
柱マダだけでなく、そちらでも同志さまがいらっしゃって嬉しいです///

体調へのお気遣い嬉しく拝見していました。ありがとうございます。
ご家族のご体調は、術後いかがでしょうか。ご快復を心よりお祈りしております。
つゆ様も、どうかお体をお大事になさってくださいね。






>水希さま
お久しぶりです水希さま。大変ご無沙汰しております。
マダラの死には本当に、何とも言えず締め付けられるものがありましたよね…
かくいう私も、正直じわじわ泣きました。号泣ではありませんでしたが、じわじわ・・・と突発的に。

夜も眠れない程に泣かれた…それほどに水希さまにとって、マダラは大きい存在だったのですね。
でも、マダラも嬉しいのではないでしょうか。それだけ深く想われて、よかったねマダランと、お疲れ様と言ってあげたい気がいたします。

今は柱間の隣で、ゆっくりと酒を飲み交わすマダランの顔、見てみたいですね。
きっととても穏やかで優しげなんでしょうね。。。
ウゥゥゥッ;ω;ブワワッ
うじうじすみません!
想いのとてもつまったお言葉、本当にありがとうございました。





>kekeさま
keke様お久しぶりでございます。
スピード命で書いた拙い本誌感想追悼文に、勿体ないお言葉…いつも本当に好意的に読んで下さっていて、本当に嬉しいです。ありがとうございます!

マダラが柱間に看取られて「ふ」と頬を緩めて逝った…もうこれ以上ない死に方と言ってもいいんだろうと思います。
勿論、もちろん、欲を言えば抱きしめあったり()、イタチさんばりに「お前をずっと愛してる」と言いながら口づけたまま逝って欲しかった気もしますが()、そこは、運命のお二人…兄弟以上に結ばれている所もあるであろう二人に、きっとそれ以上の言葉はいらなかったのだろうと思います。
ええ!大いに語りましょう!寧ろ語らせて下さい!!!
マダラについて、語られてない事が多すぎますから、これから語るべきところはまだまだ無限にあるといっても過言ではありません。
これからも、共にマダラ、創設期への愛を叫んで行かせてください。
ありがとうございました。






>大阪在住。さま
お久しぶりです、大変長らくご無沙汰しておりました。
温かいお言葉、ありがとうございました。
お待たせしてしまって、本当にすみませんでした。

大阪在住。さまには本当に拙サイトの開設当初のホヤホヤ時期から応援して頂いて、ずっと見守って頂いて、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

拙い本文感想も、ありがたいお言葉に励まされて続けられております。(一時完全中断しましたが…ッすみませんでした;;)
マダラの本誌での死は本当に私もショックでした。愛するキャラの死は本当に…何とも言えず虚脱感に襲われますね…。
ショックで腕がらない、気力が湧かない。そんな状態でしたが、もしかしたら大阪在住。さまも同じような状態だったのかもと拝察致します。
へなちょこな文章でお恥ずかしい限りでしたが、大阪在住。さまの御心のショックを少しでも和らげることができたのであれば、本当に本望です。

体調へのお気遣い、月並みだなんてとんでもありません。そのお気持ちが、嬉しいです。月並みでもなんでもいいんです(笑) 
大丈夫です。
お蔭様でなんとなく暗闇は晴れてきた気がします。まだ雲はありますが、かき分ければいくらでも道は開ける、そんな気持ちです。 

いつも本当にありがとうございます。
関西もかなり朝晩は冷え込んできましたね。
大阪在住。さまもお体にどうかお気を付けて下さいませ^^






>花福さま
花福さま、お久しぶりです!お返事が…大変に遅くなってしまい申し訳ありませんでした。
マダラの死にあたっては、本当に、おっしゃる通り、「お疲れ様」と言ってあげたい、その気持ちに尽きますね…!
あんなに長きにわたって夢を追って頑張り続けた人を、私は他に知りません。
単純に「すごいよ」と、「よく頑張ったね」とあのフワフワツンツン黒髪ロングをワシャワシャ~~ッってしてあげたいですね!めっちゃ嫌がられそうですけど、きっと本心嫌じゃないでしょう。(ニヤァ) 柱間に愛でられ慣れた綺麗な黒髪なんでしょうねぇきっと…フフ…。

本誌の感想追悼文、勿体ないお言葉です。ありがとうございます…;ω;。。
魂が抜けると言うのが全然大げさじゃない、それくらいショックでしたよね…私も同じでした。
素敵なブログというお言葉が本当に勿体ないですが、今後それに似つかわしいモノが書けるよう精進したいと思います。
こちらこそ、花福さまにかなり励まして頂いています。ありがとうございます!

猫ちゃんの名前×2+マダラ様!と念じて病院検査、いいですねいいですねwww
非常にとってもいいですね(笑)
私も採用させて頂こうと思いますw
病院の検査では私は不快さに「ギョエーー!」と心で声を上げるだけだったのですが、これからは私も「Kちゃん(向かいの家の犬)、Lちゃん(家族が飼っている猫)、マダラ様!」でいこうと思います。ヨシ…確かになんか勇気でますね(真顔)

お気遣いありがとうございます。花福さまこそ、お体の具合は大丈夫ですか?
私は、頂いた元気でまたしばらく頑張れます!
風邪をひきやすい時期ですので、どうかお気をつけて。
ありがとうございました^^






>弟さま
弟さま、おひさしぶりです。大変長らくご無沙汰しておりまして、こちらこそ申し訳ございませんでした。
お手紙差し上げた件、私が重大な勘違いをしていたのだと、お言葉を拝見して驚きました。
本当に、申し訳ありません……!
わ、私の本であれば…そんな、御代なんて、お気遣いいりませんのに……!

詳細改めてお手紙差し上げたいと思います。ご住所はお変りなどは、なかったでしょうか。

お優しいお気遣いのお言葉も胸に沁みました。ありがとうございます。頑張ります。
ただ、弟さまのご体調の方が私よりも大変悪そうで、心配です。
お送りする手紙への返信は不要ですので、どうかどうか、ご養生下さい。
ご快復を心より、お祈りしております。
いつもありがとうございます!
僭越ながら、弟さまの友より敬愛をこめて







>黒まんじゅう様
黒まんじゅう様、お久しぶりです。
ご丁寧なメッセージを頂いてから、かなり返信が遅くなってしまい、申し訳ありません。

…何と申し上げたら良いのでしょうか。
本当に、こちらこそ、申し訳ありませんでした。黒まんじゅう様、そんなに謝らないでください。本当に大丈夫ですから。本当に。
そもそも悪いのは、私です。
そのように恐縮して頂いてしまう程、私が思いやりに欠けた無神経なお返事をしてしまったのだ…と思うと胸が痛みます。
紹介して頂いた作品やそれをもとにした柱マダ妄想は本当に楽しいものなのだろうと知りながら、なかなか忙しさと余裕のなさにかまけて……すみませんでした。
私の悪い所で、自分の世界に入り込んで他者に興味を示さない、示せない時期、瞬間があり、黒まんじゅう様の教えて下さったような、色々な世界への扉を自ら遮断してしまっていたのだと思います。

お優しい励ましのお言葉ありがとうございます。
それを糧に頑張らせて頂きます。見て下さっている事が、とても嬉しいです。

いつになっても構いません。
また気持ちが、お時間が許される時に、お声掛け頂けたらと思います。
お忙しい中時間を縫ってお越しくださりありがとうございます。
お体にお気をつけて、がんばってくださいね!
影ながら、応援しております。





以上です。
***

メッセージを下さった方で、上に御返事を書かせて頂いていない場合は、これから順次参拝させて頂きます。

***

次回からもしお言葉を頂いた場合は、当記事ではなく別記事で御返事させて頂く予定です。(尺の関係です)

***


心機一転、やり方含め色々変えたいなァと思いながら
変えるのって、エネルギーいるんですよね…でもテンプレもさすがに4年経ったし変えたい…!(笑)

それにしても、朝晩、本当に冷え込んできました。電気ストーブと毛布が既に手放せません。
お風邪を召されませんよう、温かくして、お体にお気をつけて。
余り無理をしすぎないようにして下さいね。



お疲れ様でした。
更新が遅くなり本当にすみませんでした。

ありがとうございました!




慶晴 拝

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
  • ABOUT
NARUTOの「木の葉創設期」をメインディッシュとしたサイトです。ごゆるりと。
  • 管理人について
HN:
慶晴(よしはる)
性別:
女性
自己紹介:
関西在住。
しっかり腐っています。
バイオレンスなのは苦手な七面鳥。

NARUTOキャラは誰でも好きですが、そうした博愛は薄情に等しい為、マッチョで裸族でキノコ前な柱間氏にぞっこんだと言っておきますw
マダラ様は右でも左でもいける男前だ!
即ち創設期ウマーーァ!←
  • 時空間忍術
  • 頂いた御言葉と返信
[01/12 ごさまる]
[08/12 猫田]
[03/20 ごさまる]
[01/18 keke]
[12/27 黒ウサギ( *`ω´)]
コメントありがとうございます!
  • 管理人に伝言
各記事の拍手コメント等と併せてお使い下さいませ。返信は原則次の記事でさせて頂きます。 ※管理人が著しく不快に感じた場合はお返事自体をご遠慮させて頂くことがあります。また、諸事情により御返事が遅れる事もございます。ご了承下さい。
  • ブログ内検索
  • 忍者アナライズ
Copyright © イヌトキ All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]