忍者ブログ
Admin*Write*Comment
イヌトキ
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

前回記事や過去記事への激励の拍手、本当にありがとうございます…
うおおおおお…ありがた過ぎて…身が飛び散りそうです!(周りが迷惑)



早速ですが1日1頁連載漫画「秋晴」の続きです。

記憶力の良い方は、「アレ…?前回記事の下に追加していくって言ってたよね…」
と思われるかもしれません。その通りです。

しかしながら諸事情*により、前言をあっさりと撤回して(ドラァ!)、今回の連載につきましては、1記事につき1頁とさせて頂きたいと思います。
(*諸事情…記事の時間予約投稿が既存記事の変更編集では不可な為。厳密に言えば、予約投稿はできるっちゃできるんですが、既存の記事が予約時間までの間に非公開になってしまUZAAAAAAAAI!)←



1頁目へのリンク











…柱間の顔がなんだか納得いかないんですが、安定の放置ェ…(彼なら許してくれる、きっと)

(次回更新予定:10/26(日)23:00)→コチラ



***

マダランは、柱間のお鼻をつまむの、少年の頃から結構好きなイメージが勝手にあります。
イズナによくそうするように、「トン」とデコトンしたくなって、でもそれを素直にするのはなんとなく気恥ずかしいから、
ふと目についた、彼の高く筋通った鼻をブヒっと

ちょっと楽しい。きっと。
そして柱間さんもちょっと情けない気分になりながらも、マダラに触れられて、ちょっと嬉しい。
柱間の体温は高めで鼻も例にもれず熱めで、それにマダランの冷え症気味の冷たい手が触れると気持ちイイ、でもやっぱりちょっと情けない。けどやっぱり嬉しい。

そんないつまでもお互いに恋してる初々しさもある夫婦って、いいですよね(妄想)



***


以下、追記に、頂きましたコメントへ御返事をさせて頂きます。
お心当たりの方はお進みくださいませ。



お読みくださりありがとうございました!!





拍手[29回]

PR
ご無沙汰しております。慶晴です。


何よりもまず

全力でお詫びさせて下さい。
一か月以上更新を滞らせてしまい、またお返事もお返しできず、誠に、
誠に申し訳ありませんでした。

たくさんの方々にご心配をおかけしてしまった事が大変心苦しく、申し訳ない気持ちでいっぱいです。

本当に、本当にすみませんでした。
一言、「休止します」と言えばまだ(まだ、まだ、ですが)よかったのですが、
この大馬鹿野郎と自身をこの2階の部屋から地下ウン千㍍の地の底にめり込ませてやりたい気持ちです。


複数心身が不調になる原因が重なっておりました。

一つは、先日(1ヶ月以上前の…)追悼を捧げた、マダラの原作での「死」でした。

「ありがとう、おやすみ」と書いてはおりましたが、すっと消化できたわけではなかったようで、あの形での彼の現実の「死」を、どのように受け止めていいのか、分らなかったのだと思います。
延々とお腹の中でぐるぐるとマダラのあの穏やかな顔がまわったり、じわじわと肺を圧迫してきたりというような、そんな感覚でした。

未だ整理がついていない部分もありますが、1ヶ月たち、大変大まかな結論としては、マダラの死は決して決定づけられたものではない、と受け止めています。(!?)
彼のあの形の『死』を『生き様』を、二次創作としてどのような意味を、過去そして未来を見出していくかは、これからの私達(創設期及びマダラを愛する人達)に任されたのだと…

そのように思うと、足を止めている暇はないなと、今は思います。
本当にすみません。


また、原因の2つ目は、病気の治療によるものです。
たくさんの方にご心配頂いてしまいました「身体にメスを…」発言でしたが、
幸いにも病状はそれほど進行しておらず、とりあえず手術は見送る事になりました。
ご心配頂き本当にすみませんでした。全てのお心づかいに心より感謝いたします。

現在、8月末からの検査を繰り返しながら、9月の半ばより本格的な薬物治療を開始しています。
薬の副作用が多少あり、その為、身体と共に心も重く沈みがちになっておりました。


大変長らく更新を滞らせ、お待たせしご迷惑をおかけしてしまったこと、本当に、申し訳ございませんでした。

理由も明かさないのも失礼だろうと思い一通りお伝えしましたが、
本当の理由は、【私の怠慢】であり、【心の弱さ】ひとえにそれだけです。本当に情けないです。


表現する喜び、それを見て喜んで頂いた時の、慶び、魂が昇華されるような瞬間…大げさな表現にはなり恐縮ですが、「生まれてきた意味」を見出す程にその慶びは私にとり大きいものです。

それを与えてくれたマダラと、そのマダラをきっかけにして繋がった多くの人達との…絆。
それらを大切にしないで、何の生かと。人生は自分を自分足らしめてくれる全ての物に感謝を伝え続け少しでも恩返しをするためにあるのだと、思っています。

正直いつ死ぬか、明日車に弾かれない保証も地震で死なない保証もどこにもありません。病気がスピーディーに進行して死ぬというのも現実的に有りえます。
沈んでる暇なんてどこにもない筈なんです。時間は思っていたよりもずっと限られてる。

それに気づき行動しようと思えるまで、底まで沈んでプカと浮かんでくるまでに、この1ヶ月半の時間をかけてしまいました。
今からすれば必要な時間でしたが、浮かんでくるのはもう少し早くても良かったと、心から惜しく思います。
身近な人の一言が心を和らげてくれ、本が一歩背を押してくれ、時間が勇気をくれたように思います。


意味不明な事ばかりを言ってすみません、久しぶりでブログの書き方を完全に忘れてしまったようです(バカめ…バカメェ…!)


今お伝えしたいことは3つだけです。ダラダラすみません。


ご心配を、ご迷惑をおかけしてしまい本当に本当にすみませんでした。

これまで見て下さって、応援して下さって、生きがいを与えて下さって本当にありがとうございました。

もしよろしければ、これからも創設期を愛で走る旅を<イヌトキ>と共にご一緒して下さいましたら、この上なく幸いです!


いつも本当にありがとうございます。心からお一人お一人に感謝を申し上げたいです。

***




さて、長々と私のイミフトークもさすがに飽き飽きかと思います。
私もナニを言っているか分らなくなってきていました。すみませんでした。

今回、長期間更新を滞らせたお詫びを如何にすべきか、
どうすれば私の不遜な行動で傷つけられた方々の心を慰める事ができるかを考えた結果、やはり柱マダ漫画を描くことしかないだろう、と、思いました。

しかし普通に描くだけでは何と言っても至って普通ですし(…)、お詫びになるまいと思います。
そこで今回は1日1頁の更新をすることといたしました。
何卒憤怒の矛を収めて頂けましたら幸いです。orzorz



タイトルは「秋晴」です。


◆◆ご注意下さい◆◆
うっかり当然のようにご夫婦な柱間とマダラの秋の夫婦のヒトコマです。
柱間とマダラが夫婦とか有りえねェと思われる方、また、二人の間に子供が生まれてるとかも有りえねェと思われる方は、ご遠慮頂いた方が安全かと思います。
うっかりポロリとR18的描写があるかもしれません。苦手な方は恐れ入りますがあらかじめご遠慮願います。

「柱間とマダラって夫婦で子供いても何ら不思議じゃない」、
「むしろアニメで並んで歩く二人の間に子供がいない事の方が余程不思議DA」、
「え?子づくり?二人の日課の事ですか?」
と思われるデンジャラスな同志さまは、どうぞお進みください。











(突発的にはじまるよ!)















 

これはきずつく


この下に連載します(つづきはコチラ
次回、頁を改めます。





プレゼントくれくれオーラ全開な夫・柱間と
心底ウザそうな嫁マダラン。
これでも新婚1年半(笑)。家事に育児に忙しいので眉間はよりっぱなし!

柱間が想像しているいかがわし~い贈物は、どのようなものを想像されましたか?
よろしければ教えて下さい(笑)

私はリボンとか、二股キノコとか、……。可愛らしい程度のものですよ、ね?^^

…あっ

言い忘れていましたが、柱間さん、お誕生日超おめでとうございますッ!!!!!!!(しかしこの適当感よ…!)

愛はかなりあるんですが、大事にしてやろう、という気がなぜか起こらない柱間ァ…の人徳(笑)

***

大変遅くなっておりました
頂いたお言葉への返信をさせて頂きます。
この度更新が滞っている間、たくさんの勿体ないお言葉を頂戴し励ましを頂きました。
本当に本当にありがとうございました。

心をこめて返信をさせて頂きます。



最後に2点、お知らせがあります。

①既刊完売につき、通販を一時停止させて頂きます。
それに伴いOFFLINEのご案内頁を非公開とさせて頂いております。
ご希望の方には大変ご迷惑をおかけいたします。
尚再版を次回新刊に合わせてさせて頂く予定をしています。あわせてご了承願います。

②リレー漫画を更新しました。
お待たせしました。(本当に…)遅くなり申し訳ございませんでした。



ではでは、ここまでお読みくださりありがとうございました!
また、明日お会いできますように。





拍手[35回]

***マダラ追悼のグダグダ文です。
WJ本誌ネタバレです。
脈絡も何もあったものではないですし面白みも全くないのでご注意願います***


拍手[50回]



ご無沙汰しております。
本誌でやっとマダランが帰ってきてヒャッホウ!したテンションで描きました。

本誌については突っ込みどころが多すぎて何とも言えないのですが、
マダランをウェっと吐き出したスキッ歯のブサ可愛いウサギさん(チャクラ体)は一体何モノなんでしょうか。
もしかしてカグヤさんの正体(魂?)とかなのでしょうか。誰かご存知の方教えて下さいェ…(笑)

しかしまぁ…
あの柱間の愛のこもった視線であることYO…
その柱間をきっと扉間が何とも言えない表情で見ている事は想像に難くないです。
さすがは公式・【天啓のおホモ達】です。


現在、柱間は【穢土転生体】、マダラは【生身】ですが

二人そろって、今度こそ一緒になってほしいと思います。
お互いに、認め合い、…『許す』。

世界を夢に落そうとしたことも、それの為に多くの人を殺めてしまったことも、後ろから貫いたことも全部。
イタチさんが最後にサスケに言った「お前をずっと愛してる」の境涯と同じことを、
それら全てを込めた無言で伝え合ってくれたら…もう言うことはないですね…

柱マダよ永遠なれ……ッ!!!


***

更新、お返事が非常に滞っておりまして誠に申し訳ございませんでした;;
拍手、コメントいつも本当にありがとうございます!!!
以下、追記にてお返事をさせて頂きます。お心当たりの方はお進みくださいますようお願いいたします。



近日やっと保険証が新しくできたので、病院に通っておりまして…どうも体にメスを入れる事になりそうです・ω・;;ブル…

色々と不安な事も多いですが、これを機に体をメンテナンスしきりたいと思います。
目指すはオールグリーンなマッチョボディ♪♪


季節の変わり目で体調を崩しやすい時期です。どうかご自愛くださいね!><v


ここまでお読みくださり、ありがとうございました!

拍手[25回]

◆2014年8月24日 16~19頁UP 完結しました(当記事のつづきへ)◆

こんばんは!
余裕がないのでいきなり漫画いきまッする!!!(…余裕がないのはalwaysェ…)


以下当漫画の内容形式その他もろもろに関しての注意事項です。
★【恋ゆ日】シリーズ(??)全体を通しての注意事項となりますので、既に過去作品をお読みいただいている方は読み飛ばして頂いてOKかと思いますが、やはり念の為ざっとお目通し頂いた方がやはりきっと恐らく良いかと思います(キリッ)

<<CATION!>>
・柱間とマダラが結婚している設定。
・柱間は臨月の愛妻マダラをヒカクに託して重要な他里との交渉に出向きました。
・=マダランは妊婦さんです(何…ッ)
・=マダランはママダランに進化中
・=お腹の中の子供の父親は柱間です。
・=ハシラマはパシラマに進化ty(以下略)
・=マダランは中性です(ベイビーが産めるミラクルボディーです)
・この漫画はヒカクとマダラをメインとした漫画です。
・設定的には大分アレですがR18的な描写は一切ありません。

ふざけてすみませんでした(土下座)


以上注意事項をお読みいただき、大丈夫だぜ!と握り拳を握ってしまう同志様は続きより押し進みください。
柱マダは好きだけどちょっとそれは無理っぽいと思われた方、或いは拙宅へ迷い込んでしまい柱マダ?ヒカク?何ソレ美味しいの状態の方は迷わず引き返して頂いた方が安全です。


尚、賜りました拍手コメントへの返信は、漫画の後のアトガキの更に後()に、させて頂いております。
お心当たりの方は恐れ入りますがお進み頂き、反転をお願いいたします。


長々とすみません。
まだもう少し続きますのでお付き合い頂けましたら幸いです^^
お蔭様で完結しました。お付き合い頂きありがとうございました!

(※前作へのリンク
恋ゆ日①  


拍手[42回]

  • ABOUT
NARUTOの「木の葉創設期」をメインディッシュとしたサイトです。ごゆるりと。
  • 管理人について
HN:
慶晴(よしはる)
性別:
女性
自己紹介:
関西在住。
しっかり腐っています。
バイオレンスなのは苦手な七面鳥。

NARUTOキャラは誰でも好きですが、そうした博愛は薄情に等しい為、マッチョで裸族でキノコ前な柱間氏にぞっこんだと言っておきますw
マダラ様は右でも左でもいける男前だ!
即ち創設期ウマーーァ!←
  • 時空間忍術
  • 頂いた御言葉と返信
[01/12 ごさまる]
[08/12 猫田]
[03/20 ごさまる]
[01/18 keke]
[12/27 黒ウサギ( *`ω´)]
コメントありがとうございます!
  • 管理人に伝言
各記事の拍手コメント等と併せてお使い下さいませ。返信は原則次の記事でさせて頂きます。 ※管理人が著しく不快に感じた場合はお返事自体をご遠慮させて頂くことがあります。また、諸事情により御返事が遅れる事もございます。ご了承下さい。
  • ブログ内検索
  • 忍者アナライズ
Copyright © イヌトキ All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]